読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年ベストソング30(20位→11位)

レキシばりに「どっちが好き?」と自問自答しながら作り上げたランキング、中盤戦いきます。この辺になってくると人によってはベストに挙げるような曲もちらほら出てくるかと。あくまで僕個人の好みでやってるんで、「なんでこの曲がこの位置なんだよテメーの耳腐ってんのか」みたいのあっても許してください。

 

20. Nite Life Lounge/Post Modern Team


これもよく聴いたなぁ。the fin.といい、The Paellasといい、関西のバンドはワールドスタンダードな音を鳴らすイメージがある。それに対して関東はミツメとか片想いとか森は生きているとか日本っぽいイメージ。完全に偏見だし、じゃあ久保田利伸電気グルーヴを生み出した静岡は一体なんなんだっていうね。

 

19. しあわせになろうよ/嫁入りランドとプロポーズ

今年は「多幸感」って言葉が音楽シーンで多く使われてた気がするけど、そう言う意味じゃこれ以上の曲はないだろうってのがこれ。嫁入りランドとプロポーズによる『しあわせになろうよ』って、もうアーティスト名とタイトルからして多幸感の嵐。むせ返るほどの甘さがクセになる。

そうそう、オノマトペ大臣の『サマースペシャル』は2011年リリースなので今回のランキングからは外したんだけど、あれも相当聴いた。今年の裏ベスト

 

18. 恋するフォーチュンクッキーAKB48

これも多幸感バリバリ。こんな曲を日本のトップアイドルに歌われたら、そんなもん、誰も敵うわけねーだろ、ていう(まぁ18位なんだけど)。

恋するフォーチュンクッキー!
未来はそんな悪くないよ
Hey! Hey! Hey!
ツキを呼ぶには笑顔を見せること
ハートのフォーチュンクッキー
運勢 今日よりもよくしよう
Hey! Hey! Hey!
Hey! Hey! Hey!
人生捨てたもんじゃないよね
あっと驚く奇跡が起きる
あなたとどこかで愛し合える予感

このパンチライン、アイドルの系譜に照らし合わせれば

日本の未来は(Wow Wow Wow Wow)
世界がうらやむ(Yeah Yeah Yeah Yeah)
恋をしようじゃないか! (Wow Wow Wow Wow)
Dance! Dancin'all of the night

モーニング娘。も(Wow Wow Wow Wow)
あんたもあたしも(Yeah Yeah Yeah Yeah)
みんなも社長さんも(Wow Wow Wow Wow)
Dance! Dancin'all of the night

これ級っしょ。素晴らしいの一言。

 

17. IN DA GOLD,/住所不定無職

これまた多幸感。住所不定無職は、まさしく住所不定無職と呼ぶにふさわしい音楽性を実現するというちょっとした奇跡を起こしてしまった時点でもっと尊敬されるべきだと思うし、サンプリングというよりはコラージュと言ったほうが適切と思える歪なパクリっぷりが本当に楽しいので多くの人に聴いて欲しいと思う。

 

16. You Never Kiss/Homecomings

大学の軽音楽部で結成されたバンドはこういう音を鳴らさなくちゃダメだよ!っていう音が存在するとして、それはたぶんこんな感じじゃないかしら、と思い描いたまさにそのものがダイレクトに鳴り響く。イントロのギターだけで胸が高鳴る。英詩だけどメロディは日本っぽくて、advantage lucyあたりのギターポップを正しくアップデートしたような佇まい。

 

15. ダンシンスルーザナイト/Dancinthruthenights

こんな曲をフリーダウンロードできてしまう現在の音楽シーンそのものに感動するし、これを年間ベストに挙げる人が多数いるのも頷けるクオリティ。個人的には前半部のボーカルもうちょっと丁寧にならんかったかなーと思ったりもするけどね。

 

14. トゥナイト、トゥナイト/禁断の多数決

そろそろ30曲ランキング出来たかな、と思ったところに出てきやがったスーパーノヴァ。遅れてきたルーキーことブーマーみたいな。これのせいでランク外になってしまったNona Reeves『P-O-P-T-R-A-I-N』が哀れ。とか何とか恨み節を言いつつも、やっぱり良い曲ですわ。あざとい。でもノらずにいられない。悔しい!でも感じちゃう!ビクンビクン!みたいな。

 

13. Sunny Day Real Escape/ningenclub

シンプルだけど好き。無駄を削ぎ落とした歌詞も素晴らしい。

この街を出ていこう

なんとなく風に吹かれて

窓の外すり抜ける

つまらない映画みたいな

愛と笑いの夜がくる

夢で逢えたらいつの日か

ここで逢いましょう

一時はトップテン待ったなし!ていう勢いで聴いてた。結局12位に落ち着いたのは、なんだろ、やっぱりPVのドラムのやる気のなさ?笑。

 

12. Last Friday Night Summer Rain/一十三十一

夏だ!海だ!ムチムチアーバン姉さんだ!ということです。ムチムチアーバン姉さんってのは僕が勝手に付けた名前だけど、これかなり気に入ってるんで流行らないかしら。てことで相変わらずバブリーでトレンディ。焼津の海沿いではあまりにも不釣り合いだったので、この曲をリピートしながら相良サンビーチあたりまでドライブしてみたり。まぁ相良でも全然釣り合ってないけど。ローカルトークすまんね。

 

11. punk lover's dream come true/フジロッ久 (仮)

 

曲単体の音源がなかったので、とりあえずアルバムハイライト動画。

ダンサブルなリズム、キャッチーなメロディ、ピアノとストリングスが流麗に絡み合うサウンド……キワモノ扱いされてるバンドだけど、その音楽のなんと美しいことか。それに加えて

いつでもきみは天才みたい

浜ちゃんと松ちゃんのような関係になれないか

きみとぼくが繋がる瞬間に目に映るすべてがメッセージ

 心開いて捧げて変な顔でウインク

 きみが好きだ 資本とか広告とか信仰より

 クレイジーはどっち?それは心に聞いて

このパンチラインの多さよ。色んな感情が押し寄せてきて、笑いながら泣きそうになってくる。