読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Elephant Ghost

相変わらずムダ毛処理がマイブームであります。下半身の毛という毛を抜き尽くし、昨晩はとうとう鼻毛を抜いてやりましたゾ。毛抜きでブチブチ。ぶぇっくし。ブチブチ。……抜いても抜いても終わらない。oh what a night。マジ無尽蔵。全盛期のエッシェンかってくらい無尽蔵。なので一晩中ヌキヌキ。oh wonderful night。気付けば朝。鼻毛は、まだそこにあった。ジョンジーはそれを見ながら横になっていた。最後の一本となった鼻毛が力強く残っていることに彼女は感銘を受け、生きる気力を取り戻した。めでたしめでたし。

 

そんな甲斐あって無事に風邪を引いた。起きた瞬間に確信した。体のバランス。関節の痛みと悪寒。喉のイガイガ。ピシャリだ。治る気がしねぇ。なぜ俺はあんなムダな時間を……。

どうでもいい。問題は俺の風邪。薬がない。行かなくちゃ。君に会いに行かなくちゃ。というわけで本屋に活路を求めた。東洋医学。西洋医学。カーマ・スートラ。あらゆる学術書を片っ端から立ち読みすること数時間。そして導き出された結論。よく食べて、よく寝る。結局のところ、それが一番じゃないっすかね。

納得のいく回答を得たので帰ろうとした俺の眼球に、受験生と思しき女子高生の姿がフェードイン。すかさずロックオン。今夜はビートイット。参考書をパラパラめくる彼女の真剣な眼差しが、ほんの一瞬、こちらへ向けられる。その一瞥に在りし日の記憶がフラッシュバック。浮かんで走ったあの日の影。

あれはそう。およそ四半世紀前の出来事。某私立小学校の入学試験。「象さんの絵を描いてください」と言われた少年は、ひたすら象の右前脚を描き続けた。他の子供たちが象さんの大きな鼻をメインに据えて全体像を描いていく中、唯一人、象の右前脚だけをピンポイントに描いた。象の右前脚こそをディテールに拘って見事に描ききった。そして落ちた。俺だけがピンポイントで落ちた。俺こそが見事に落ちきった。早すぎたダダイスム。悲しきエレファントマン。異質なものを受け入れる事ができない現代社会の闇で、今日も俺は叫び続ける。I am not an animal! I am a human being!

俺と同じ思いをして欲しくない。させてはいけない。その一心で女子高生に無言のエールを送る。頑張れ受験生。しかしあれだな。よく見りゃ可愛い顔してんな。脚もスラッとしてなかなか。ほほう。これは……

 

四半世紀の時を越え、象さんの大きな鼻がその姿を表した。I am an animal.Rits any more.