読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァレンシュタインは三十年戦争の隊長なのさ

寒波吹き荒れる中いかがお過ごしですか。俺は相変わらずいかがわしく過ごしております。なぜか世界史の参考書を買ってきて読み耽り、アナーニ事件とかヌメリアヌスという語句に思わずアンダーラインを引いてしまう今日この頃。

Facebookがつまらない」と知り合いに愚痴をこぼしたら、「それは貴様がプロフィールをデタラメに設定してる所為だ」という有り難いアドバイスを頂戴したので八つ裂きにして駿河湾に沈めた。何にも分かっちゃいない。まっこと。名前や住所に何の意味がある。生まれた所や皮膚や目の色で、一体この俺の何が分かる。健やかなる時も、病める時も、喜びの時も、悲しみの時も、富める時も、貧しい時も、いついかなる時も、俺は俺だ。もっと言えば俺という概念の存在だ。存在の証明に名前は要らぬ。何故なら名前など無くとも存在は成立するからだ。意味が分からない?安心しろ。俺もよく分かっていない。

どうでもいい。「いいね!」なんて要るかボケカスロマック。俺が欲しいのはもっとこう、黒くて硬い、チで始まってコで終わる固形物だ。2月中旬くらいにそれが欲しい。それを貰うためならば俺は喜んで名前や住所を晒そう。そして二人でインカ帝国(首都クスコ)初代皇帝マンコ・カパックについて理解を深めよう。それとも君はデモクリトス派かな?(?_?)