読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頂-ITADAKI-2016 2日目

10時頃に待ち合わせて、『とと姉ちゃん』のロケ地である蓬莱橋に寄り道。朝ドラ見てないけども。

国内でも数少ない賃取橋(ちんとりばし)として有名で、平成9年12月30日には「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてイギリスのギネス社に認定されました。長い木=長生きの橋、全長897.4(やくなし=厄無し」の語呂合わせで縁起のいい橋として人気があります。 

ちんとりばし。素敵な響きだ。のんびりしすぎてGotchを見逃す。

昼過ぎに会場入りして、BACK DROP BOMBを聴きながら昼飯。トムヤムラーメン。店先に置いてあった激辛スパイスを加えたら激辛になったよ。しらすのトルティーヤピザで辛さを紛らわす。

 

■ペトロールズ

機材トラブルもなんのその。タイトでミニマルなグルーヴをひたすら進行させていきながらコーラスワークと転調で盛り上げていく。めちゃくちゃ気持ち良かった。10年来ずっと揺るがなかった「最強の3ピースバンドはTRICERATOPS」という持論が初めて揺らいだかも知れない。

 

在日ファンクが始まるまで芝生に座ってボンヤリ。目の前にいた女の子が寝転がった瞬間、パンツが丸見えになって思わず同行者と顔を見合わせてしまった。今回のフェスでのベストアクト。

 

■在日ファンク

在日パンツの余韻に浸りながら遠目から眺める。コールアンドレスポンスとファンクネスで会場を沸かしていく様はさすがの一言。良いなぁ。俺もファンキーな行為がしたい。違うか。

 

大橋トリオ

サポートギターにペトロールズ長岡亮介が加わるなど、大橋トリオクインテッド体制。今年のアルバム『10(TEN)』の曲を中心にゆるく全7曲。これまた良かった。

このあたりから日が照り出す。個人的に日焼けできない事情があったため、上着で顔全体を覆って視線だけを露出させるスタイルに。ある意味、大橋トリオのアレみたいだ。

 

しばらく会場内の巨大ブランコに興じたり、日陰で横になってのんびりと過ごす。

 

くるり

直前まで『アンテナ』再現ツアーをやっていたということで、『アンテナ』の曲+最後に新曲というセットリスト。多分、同世代の音楽好きの中ではくるり(というか98年組全体)に対する思い入れがめちゃくちゃ薄いほうだと思うのだけど、それでも『ハイウェイ』『ロックンロール』と続けられるとグッとくる。

この時間帯、プロ野球交流戦の広島カープ×福岡ソフトバンクホークス第3戦が延長戦に突入していて、曲間で何度も経過を確認。サヨナラ勝ちを収めたことが分かった瞬間、岸田に「カープ勝ったぞ!」と伝えたくて堪らなくなった。こっちに集中しろよ!と怒られそうだ。

新曲『琥珀色の街、上海蟹の朝』も良かった。少しだけKAN『東京熱帯SQUEEZE』に似てるなぁとボンヤリ思ったり。物販で上海蟹を売ればいいのにな。

 

原田郁子

会場内の全ての照明が消される。夕暮れ、野外、原田郁子のピアノ弾き語り。そりゃあ悪くなるはずがないわけで。ただ、『drifter』の歌詞、『祈りカラス引き裂いて』という部分を『祈りカラス引き裂いて』と二度とも間違えていて、引き裂かれたカラスのことを思って切なくなった。

 

渋さ知らズオーケストラ

大トリなのにガンガン帰っていく観客。裸のダンサー。謎の巨大人形。唐突な花火。フィナーレと思いきや終わらない演奏。なるほど、よく分からん!でも凄い!という小並すぎる感想を抱きながら会場を後に。

 

 

東京都江戸川区まで同行者をエスコートして朝方帰宅。車中の会話の内容はとてもここに書けない。