読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だけど信じてる

青春ゾンビのヒコさんが先日のエントリで『魔法陣グルグル』のOP『晴れてハレルヤ』の素晴らしさに言及していて禿げ上がるほど同意したよ。OPのアニメーションも良く出来ていて、毎週楽しみにしていたのを覚えてる。

ククリは初恋のアニメキャラと言って良いかも知れないな。同世代の女の子と世界を変える旅に出るって、もうそれだけで子供心ガッチリだもの。個人的にはED『Wind Climbing ~風にあそばれて~』も印象深く心に残っている。

奥井亜紀の力強くて優しくて真っ直ぐな歌声と、等身大の歌詞の素晴らしさよ。アニメソングとしての圧倒的な正しさに身が震える。ググってみたら何かと話題の新田恵海さんもイベントで歌っていたようで、

どうにもならない今日はせめて

笑い話に変えられますように

どうにもならない今日だけど

平坦な道じゃきっとつまらない

君と生きていく明日だから

這い上がるくらいでちょうどいい 

なるほど風にあそばれたのか。これから頑張って笑い話に変えて欲しいし、なんとか這い上がって欲しい。むしろ這い上がったと言うべきか。とまぁ、こんな下衆なことを考えてしまうとき、年を経ることに後悔と一日が過ぎていく恐怖を感じますね。

 

HITS 1 JAPAN

HITS 1 JAPAN

 

そうそう、『Wind Climbing ~風にあそばれて~』が収録されている作品をレンタルショップで探して、奥井亜紀のアルバムは見つからず、しかしアニメのサントラを借りるのが恥ずかしかった当時の俺は、このコンピレーションアルバムに辿り着いたんだった。竹内まりや純愛ラプソディ』、槇原敬之『SPY』、山下達郎『パレード』、森高千里『素敵な誕生日』、THE BLUE HEARTS『夢』……このアルバムで出逢った曲たちが、わりと俺の音楽体験のルーツというか原風景だったりする。当時からHOUND DOGはちっとも良いと思えなかったな。基本的にパートナーを「お前」と呼ぶ曲が苦手だ。

中でもやっぱり槇原敬之『SPY』は特別に気に入って、小学生の頃に初めて友達と行ったカラオケで歌ったのもこの曲だった。知ってる人がいなくてショックだったなぁ。逆に俺は友達が歌うミスチルとかドリカムとかウルフルズが全然分からなくてカルチャーショックを受けたんだった。


何年か前に出たマッキーのトリビュートアルバム、人選とか選曲とかアレンジがイマイチだったけど、一青窈の『SPY』だけは情念ドロドロ渦巻く感じが滲み出てて良かった。彼女の場合、スパイというより、そのまま暗殺してしまいそうなスナイパーのようだ。SOIL&"PIMP"SESSIONSのスリリングな演奏も拍車をかけて素敵。えみつんファンはこの曲の主人公のような心境なんだろうか。