読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンクは上手く踊れない

NOT WONKの新作に対する某誌のレビュー記事を、所属レーベルのtwitterアカウントが

あまりの不理解とテキトーさに激しく憤りを覚えている。感性が死んでいる。知ったようにアラフォー人気なんて書いてるがそこまででもない。興味が無いなら近寄らないでくれ。クソッタレ。

自分の思い上がった経験則だけで語っていてバンドの本当に見ているものを安易に縛り付けてて実際に現場でキラキラと鳴らされている事が完全にスルーされてしまっている。その文章からはバンドから放たれるモノとは大きくかけ離れたしょうもない懐メロしか聴こえてこないぞ。真意とは完全に別。迷惑だ。

と激しく非難した件。個人的には「ミュージシャンが作品に込めた真意とか意図なんてクソどうでもいい」と思ってる性質なので雑誌側の肩を持ちたくなる。フラカンに倣って言うなら「感じることが全て 感じたことが全て」じゃないか。自分の思った通りに受け取ってもらえなかったから相手が不理解でテキトーだ!なんて、ちょっと、ねぇ。子供じゃないんだから。そんなに真意を正しく理解して欲しいなら前説でも収録しとけよ、と意地悪なことを思ってみたりもする。「パンクロックは用法用量を守って正しく服用してください」ってかい。

なんだろう、あまりよく知らない女の子に「僕はあなたのこんなところが素敵だと思う」とラブレターを送ったら、その子の父親が出てきて「娘はそんな女じゃない。お前は感性が死んでいる。興味が無いなら近寄らないでくれ。クソッタレ。迷惑だ。」と罵倒されたようなモヤモヤ感。そりゃお前のほうが彼女について詳しいだろうけど、いや、でも俺のこの「好き」って気持ち、どうしてくれるの?って話。

音楽に限らず、エンターテイメントを享受して、その作品について自分なりに思いを馳せてみる、その極めてパーソナルな行為こそが尊いんじゃないの。誰かの作品に、自分自身の思いが乗っかって、そこで初めて特別なものになるのでしょう。山下達郎は自身の作品の聴かれ方について

歌っていうのは自分の手元を離れた後に意味合いを変えて、聴く人の意志が加わるもの

このように語り、本来は映画の主題歌として書き下ろした『希望という名の光』が東日本大震災直後にラジオリクエストが急増したことを受け、近年のツアーでは復興テーマソングとして積極的に歌っている。君の歌は僕の歌ってのはこういうこと。

とまぁ、雑誌側の肩を持つ意見をつらつらと書いてきたけど、NOT WONKの新作は素晴らしいと思うし、俺は別に雑誌の該当レビューと同じ意見というわけでもない。噛み付いたのが本人じゃなくて所属レーベルのtwitterアカウントなので、ある意味ではミュージシャン思いの良いレーベルだなぁと思ってたりもする。はて。何が言いたかったんだか。とりあえず、今夜一人でパンクを上手く踊りたい。

あれから僕たちは

イチローのヒットに一喜一憂し、キングカズのゴールに興奮する、そんな20年前と何も変わらない今日このごろ。あの頃に未来に僕らは立っているのかなぁ……と思わず呟いてしまいそうだ。

 

さて、交流戦を終えて、カープセリーグの首位を独走。エルドレッドが離脱して暗雲が立ち込めたと思いきや、示し合わせたように下水流が台頭してきて、崩れかけたリリーフ陣も持ち直し、大器・鈴木誠也がとうとう大ブレイク。ちょっと出来過ぎで怖いくらい。それとも優勝するシーズンというのはこういうものなんだろうか。緒方監督の采配に関しても概ね満足してる。試合後のコメントも良い感じ。野球を見に行きたい気持ちが過去最高に高まって、思わず8月23日ヤクルト×中日@草薙球場のチケットを購入してしまった。どんより曇ったデーゲームになりそう。

常葉橘出身の庄司くんも一軍で見かけることが増えてきた。彼が二塁手/遊撃手である以上、スタメンでの出場は厳しいだろうけど、小窪や天谷が代打でまるっきりダメなので、何とか少ないチャンスをモノにして欲しい。

 

ちなみに、20年前のセリーグでは何があったっけ、と思って調べてみたら

メークドラマ*1 

という単語が真っ先に出てきたのでブラウザをそっと閉じた。

*1:中盤まで首位を独走していた広島カープが、最大11.5ゲーム差あった巨人に大逆転された出来事

バーディーをぬけだそう!

世間様の流行に取り残されぬよう、眠気と闘いながら欧州選手権。すると繰り返される卑猥な言葉の応酬選手権。インモービレの薄いロリスな彼女のイブラヒモビッチを外すとギュンドガアンなパイェがアラバに。上の口ではミルナーオシェイを装ってもパンティリモンを脱がせばマンジュキッチはすっかりエジルグジョンセン。おいおい、マンガラでもない様子だな。ファブレガス。そう言ってフェライニを楽しんだ後、いよいよコマンにイサクション。俺のハリーケーンのようなロシツキーで彼女もトゥランとしてくる。モラタ。あとはひたすらコシールニー。「ピシュチェクいってるよぉ…カリムがマンダンダに当たって…もうイケル!」

 

書いてて虚しくなったので現実世界にモドリッチ。馬鹿馬鹿しい。だいたいサッカーなんて良い年した大人が観るもんじゃないね。むさくるしい男どもが短パン半袖で走り回って、やれボールがラインを超えた・超えてないで大騒ぎ。手に当たった・当たってないで大喧嘩。そんなもん眺めて何が楽しいんだ。アホらしい。あんなもん所詮は子供向けのエンターテイメントっすわ。

もういい。もう分かった。眠い目をこすりながらサッカー見るぐらいなら、俺は違うモノこすりながら大人向けのエンターテイメントを楽しむ。大人向けのエンターテイメント。それが何を指すかは言わない。君たちも大人なら分かるだろ。white-firmsっていう素人専門のネットレーベルが最近は気に入ってるよ。

頂-ITADAKI-2016 2日目

10時頃に待ち合わせて、『とと姉ちゃん』のロケ地である蓬莱橋に寄り道。朝ドラ見てないけども。

国内でも数少ない賃取橋(ちんとりばし)として有名で、平成9年12月30日には「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてイギリスのギネス社に認定されました。長い木=長生きの橋、全長897.4(やくなし=厄無し」の語呂合わせで縁起のいい橋として人気があります。 

ちんとりばし。素敵な響きだ。のんびりしすぎてGotchを見逃す。

昼過ぎに会場入りして、BACK DROP BOMBを聴きながら昼飯。トムヤムラーメン。店先に置いてあった激辛スパイスを加えたら激辛になったよ。しらすのトルティーヤピザで辛さを紛らわす。

 

■ペトロールズ

機材トラブルもなんのその。タイトでミニマルなグルーヴをひたすら進行させていきながらコーラスワークと転調で盛り上げていく。めちゃくちゃ気持ち良かった。10年来ずっと揺るがなかった「最強の3ピースバンドはTRICERATOPS」という持論が初めて揺らいだかも知れない。

 

在日ファンクが始まるまで芝生に座ってボンヤリ。目の前にいた女の子が寝転がった瞬間、パンツが丸見えになって思わず同行者と顔を見合わせてしまった。今回のフェスでのベストアクト。

 

■在日ファンク

在日パンツの余韻に浸りながら遠目から眺める。コールアンドレスポンスとファンクネスで会場を沸かしていく様はさすがの一言。良いなぁ。俺もファンキーな行為がしたい。違うか。

 

大橋トリオ

サポートギターにペトロールズ長岡亮介が加わるなど、大橋トリオクインテッド体制。今年のアルバム『10(TEN)』の曲を中心にゆるく全7曲。これまた良かった。

このあたりから日が照り出す。個人的に日焼けできない事情があったため、上着で顔全体を覆って視線だけを露出させるスタイルに。ある意味、大橋トリオのアレみたいだ。

 

しばらく会場内の巨大ブランコに興じたり、日陰で横になってのんびりと過ごす。

 

くるり

直前まで『アンテナ』再現ツアーをやっていたということで、『アンテナ』の曲+最後に新曲というセットリスト。多分、同世代の音楽好きの中ではくるり(というか98年組全体)に対する思い入れがめちゃくちゃ薄いほうだと思うのだけど、それでも『ハイウェイ』『ロックンロール』と続けられるとグッとくる。

この時間帯、プロ野球交流戦の広島カープ×福岡ソフトバンクホークス第3戦が延長戦に突入していて、曲間で何度も経過を確認。サヨナラ勝ちを収めたことが分かった瞬間、岸田に「カープ勝ったぞ!」と伝えたくて堪らなくなった。こっちに集中しろよ!と怒られそうだ。

新曲『琥珀色の街、上海蟹の朝』も良かった。少しだけKAN『東京熱帯SQUEEZE』に似てるなぁとボンヤリ思ったり。物販で上海蟹を売ればいいのにな。

 

原田郁子

会場内の全ての照明が消される。夕暮れ、野外、原田郁子のピアノ弾き語り。そりゃあ悪くなるはずがないわけで。ただ、『drifter』の歌詞、『祈りカラス引き裂いて』という部分を『祈りカラス引き裂いて』と二度とも間違えていて、引き裂かれたカラスのことを思って切なくなった。

 

渋さ知らズオーケストラ

大トリなのにガンガン帰っていく観客。裸のダンサー。謎の巨大人形。唐突な花火。フィナーレと思いきや終わらない演奏。なるほど、よく分からん!でも凄い!という小並すぎる感想を抱きながら会場を後に。

 

 

東京都江戸川区まで同行者をエスコートして朝方帰宅。車中の会話の内容はとてもここに書けない。

頂-ITADAKI-2016 1日目

静岡県で開催された頂-ITADAKI-2016というフェスに行ってきた。個人的には2009以来、2度目となる頂。吉田公園なんていう静岡県民ですら「どこそれ」レベルの辺境で曲がりなりにも毎年やってるだけあって、前回と比べると規模も出演者も格段にスケールアップしていて、ホスピタリティに関してもストレスフリーでした。

 

1日目

同行者が遅刻。俺のための東京土産を自宅に置き忘れて出掛けてしまった、という絵に描いたようなドジっ娘ぶりに全てを許してしまう。会場までの道中、「橋本環奈と一週間ヤれる権利と1000万円、どちらを取るか?」という命題について喧々諤々と語り合う。実際にはどちらも得られない。切ない。 

 

■Awesome City Club

彩り鮮やかなポップネスとシティ感。どう考えたって田舎の真っ昼間の野外ステージが似合わない人たちなんだけど、問答無用でアガらせる演奏と楽曲のタフネスがきちんと備わっていて、さすがの一言。PAの調子が悪かったのか、特にギターの音量が安定しなかったのが可哀想でした。

 

Shing02 with Live Band

ヒップホップ門外漢の自分にもハッキリと分かるカッコよさ。圧巻。会場内の全ての電力をバイオディーゼル発電で賄う等、エコロジーを訴えるフェスだけあって彼が出演すること自体にも大きな意味があったように思える。

 

サンボマスター

いつかのロックインジャパンで見て以来かな。もう調べるのも億劫になるくらい前のことだけど、そのときと何も変ってなくて安心する。その安定度ゆえに、過去のフェスでは同時間帯の他の出演者を優先してしまうことが多々あったこと、「ロックアンセムと言えば『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』世代」として猛省する次第であります。

 

昼飯。チャパティロール。イマイチ。

その後、会場周辺を散策。アジカンの出演時間が迫る中、なぜか近隣の温泉施設でヨガ教室75分1000円を申し込む。たしかに安い。土曜日は先生が不在とのことでヨガは体験できなかったものの、もはやアジカンを観る心意気は完全に消失。マッサージチェアに座ったり、図書室でマンガをめくったり、将棋崩しに興じたり、うっかり2時間ほど滞在してしまった。いやぁ、うっかりうっかり。

会場に戻るとハンバート・ハンバートが『さよなら人類』を歌っていた。サビのメロディがホルストの『木星』だと気付いたときはハッとしたなぁ。

 

cero

それはそれは素晴らしかった。魔法的。

以前、アジカン後藤正文は自身のブログでceroについてこう語っている。

とても豊かな音楽だと思ったの。それはもう悔しいくらい。HIP HOPもポップスも、ポエトリーリーディングも、サンプリングやカットアップやコラージュとか、あるいは文学も、いろいろな要素が混ざっているんだけれど(俺が感じ得ない何かも)、その編み方が素晴らしいと思った。すごい!って思ったんだよ。俺はレコメンド記事で心が折れかけるほど衝撃を受けたことを告白してる。彼らが(俺の想像では)知的なライブラリに接続する機会を持っていただろうこと、そして、それを土台に創作されたアウトプットが素晴らしいこと(これは彼らの技術だ)、それに感動したんだよね、素直に。

で、これは、凄い時代が来るんだなって思った。全部混ざると。そういう人たちが出てきたと。あー、ゼロ年代は終わるわーって思ったの。俺たちは過去の世代にされちゃうなって。笑。一点突破ではなくて、なんていうんだろう、編む力っていうのかな、もう何もかも出尽くしたなんて言われる時代でも、こうやって新しい組み合わせと感性、そしてイマジネーションで面白い音楽を作るひとたちがいるっていうこと。そしてもう、デジタルネイティブって人たちがどんどん出てくるわけじゃない。誰しもがceroのように表現できるわけではないけれど、最早俺が持っていたような「蚊帳の外」というようなコンプレックスは持たなくていい時代になったわけだよね。

めちゃくちゃ分かるんだよなぁ、この感覚。ゴッチと同じ静岡の田舎で育ち、やはり同じように豊富な知的ライブラリに囲まれていなかった自分は、ある種のルサンチマンに似たような感情をcero(とそのファンたち)に対して抱いていて、それは結局のところ「どれだけ彼らのことを好きになっても、自分には彼らの本質を理解できないのではないか」という不安感に起因しているんだと思う。まさに

「蚊帳の外」というようなコンプレックス

そのものだ。

この晩、コンプレックスが完全に解消されたわけではないけど、俺のような冴えないクラスメート(高城晶平とは同学年だったりする)も逃避行のパートナーになれることを強く感じたよ。『Orphans』演ってないけど。笑。

それと同時に、色んな人が色んな音楽を鳴らすフェスの終盤に彼らが出てきて歌う、その光景にこの国のポップス史が重なって胸が一杯になった。3年くらい前、mixiで数十組の若手ミュージシャンを紹介する日記を書いたとき、一番最後にceroを紹介した自分自身に拍手を送りたい。

 

静岡のソウルフードである某炭焼きレストランで夕食を摂り、同行者をホテルへ送って帰宅。一緒にホテルに行って違法ではないが不適切な行為をしたかったけど我慢。この日の自分自身にも拍手を送りたい。

だけど信じてる

青春ゾンビのヒコさんが先日のエントリで『魔法陣グルグル』のOP『晴れてハレルヤ』の素晴らしさに言及していて禿げ上がるほど同意したよ。OPのアニメーションも良く出来ていて、毎週楽しみにしていたのを覚えてる。

ククリは初恋のアニメキャラと言って良いかも知れないな。同世代の女の子と世界を変える旅に出るって、もうそれだけで子供心ガッチリだもの。個人的にはED『Wind Climbing ~風にあそばれて~』も印象深く心に残っている。

奥井亜紀の力強くて優しくて真っ直ぐな歌声と、等身大の歌詞の素晴らしさよ。アニメソングとしての圧倒的な正しさに身が震える。ググってみたら何かと話題の新田恵海さんもイベントで歌っていたようで、

どうにもならない今日はせめて

笑い話に変えられますように

どうにもならない今日だけど

平坦な道じゃきっとつまらない

君と生きていく明日だから

這い上がるくらいでちょうどいい 

なるほど風にあそばれたのか。これから頑張って笑い話に変えて欲しいし、なんとか這い上がって欲しい。むしろ這い上がったと言うべきか。とまぁ、こんな下衆なことを考えてしまうとき、年を経ることに後悔と一日が過ぎていく恐怖を感じますね。

 

HITS 1 JAPAN

HITS 1 JAPAN

 

そうそう、『Wind Climbing ~風にあそばれて~』が収録されている作品をレンタルショップで探して、奥井亜紀のアルバムは見つからず、しかしアニメのサントラを借りるのが恥ずかしかった当時の俺は、このコンピレーションアルバムに辿り着いたんだった。竹内まりや純愛ラプソディ』、槇原敬之『SPY』、山下達郎『パレード』、森高千里『素敵な誕生日』、THE BLUE HEARTS『夢』……このアルバムで出逢った曲たちが、わりと俺の音楽体験のルーツというか原風景だったりする。当時からHOUND DOGはちっとも良いと思えなかったな。基本的にパートナーを「お前」と呼ぶ曲が苦手だ。

中でもやっぱり槇原敬之『SPY』は特別に気に入って、小学生の頃に初めて友達と行ったカラオケで歌ったのもこの曲だった。知ってる人がいなくてショックだったなぁ。逆に俺は友達が歌うミスチルとかドリカムとかウルフルズが全然分からなくてカルチャーショックを受けたんだった。


何年か前に出たマッキーのトリビュートアルバム、人選とか選曲とかアレンジがイマイチだったけど、一青窈の『SPY』だけは情念ドロドロ渦巻く感じが滲み出てて良かった。彼女の場合、スパイというより、そのまま暗殺してしまいそうなスナイパーのようだ。SOIL&"PIMP"SESSIONSのスリリングな演奏も拍車をかけて素敵。えみつんファンはこの曲の主人公のような心境なんだろうか。

クリームソーダをもう一杯

ダルビッシュの復帰戦やばかったすね。スリークォーター気味だったフォームがオーバースローになって球威が増したのと、投げ終わった後に身体が流れずピタッと静止していたのが印象的。このまま大活躍して、ウェイトトレーニングを否定する旧態依然とした野球人たちを黙らせて欲しい。

 

Strings

Strings

 

ネオアコ/ギターポップに管楽器や弦楽器が加わって、軽快かつ芳醇。ちょっとミックスが勿体ない気もするけど、ラフな感じもそれはそれでサマになってるね。『セカンドサマーオブラブ』の清涼感のあるメロディラインにはSpaghetti Vabune!を思い出さずにいられないな。歌声もどことなくcagesvに似てる。男女ツインボーカルも聴いてみたかった。

くたくたになって遊びに行って

あの娘に声かけず泣いて帰るよ

最近こんな感じ

セカンドサマーオブラブ

 この意気地なしっぷりが実によろしい。

 

THE BLUE BOY

THE BLUE BOY

 

彼の作品をリアルタイムで聴くのは実は初めてだったりする。過去作もほとんど聴いたことがなくて、CSのサッカー番組で使われていた『Footballing Weekenders』や『Fantastic Game』といった楽曲をピンポイントで知ってるくらい。90年代~00年代初頭、俺みたいな田舎の偏屈野郎からするとオザケンとかカジヒデキってのは「いけすかない野郎」の代表格だった。嫉妬とか羨望が入り混じって、思わず忌避してしまう、そんな対象。当時の俺はもっぱら山下達郎とか槇原敬之のほうに親近感を抱いておりました。そんなわけで今日までなんとなく避けてきたのだけど、ふと見かけた『5時の渋谷で!』という楽曲タイトルに負けてapple storeでダウンロードしてしまった。

鈴木雅之菊池桃子『渋谷で5時』、マーチンファンの母親がよくカーステで聴いていて、俺にとってはこの曲が渋谷系の原点(?)だったりする。MVを初めて見たときは笑ったなぁ。謎の名刺とかクリームソーダとか。

どうでもいいけど、「海ぶどうをカメラに見せびらかす鈴木雅之」の破壊力やばい。

f:id:bowz0721:20160601015259p:plain

構図といい、表情といい、「そもそも何だこの写真」感といい、何もかも完璧すぎる。どんなに辛いことがあってもこの写真さえあれば笑って生きていけそうな気がする。

だいぶ話が逸れた。違う、そうじゃない。カジヒデキの新譜。『5時の渋谷で!』はタイトルをもじっただけで他には一切『渋谷で5時』感がなくて残念だったけど、アルバムそのものに関して楽しく聴けたよ。のびのびとしたバンドサウンドとエヴァーグリーンなメロディ。一曲目『メロディ』で高らかに

日曜日はピクニックに出かけよう

と俺らを誘う49歳の短パンおじさん。ピクニックて。普通の人がやったら変質者でしかないんだけど、彼が歌えばポップに響くから不思議だな。あと、『なつやすみを待っている』『キケンなサマーブリーズ』『サマー・ディサイプルズ』『はじめての初夏の恋』と、タイトルが被りすぎてるのも微笑ましい気持ちになる。